右折車線側にある高速道路ICの入り口は避ける

田舎01高速道路での渋滞回避手段は様々なものがあります。その中でも、右車線側にある高速道路ICの入り口を避けることにより、渋滞を防ぎ、交通状況を改善することが出来ます。右折車線側は右折する車が多いため、右折レーンから車が多くなり、直進車にまで影響が及ぶことがあります。そのため、右折車線側の高速道路ICへ通じる交差点の渋滞発生率が比較的高く、渋滞に巻き込まれることが多くなります。

なので、別の車線側にあるICを使うことにより、渋滞発生率を下げ、未然に渋滞に巻き込まれることを防ぐことが出来ます。また、別の車線側を使うことにより、後続車が気になることによる気持ちの焦りを防ぐことも出来ます。

気持ちが焦ると最悪事故に繋がることがありますが、こういった可能性も防ぐことにも繋がります。
そのため、別の車線のICから入ることにより渋滞を避けるというものが、交通の改善と交通安全から見ても有効な手段の一つとなります。渋滞発生率が低い手段をとることにより、渋滞を回避し、ドライブが安全でスムーズなものになります。また、高速道路でこういった渋滞回避手段をとるドライバーが増えることにより、全体の交通状況の滞りを防ぐことにも繋がります。

コメントは受け付けていません。