ナビの渋滞予測を有効活用する方法について

いろいろな場所へ自動車でドライブをするのはとても楽しいものです。
このような場合は安心安全に目的地まで行くために計画的に走行することが重要です。計画を作るには最近はナビがついているのでとても便利です。
ただこの場合は休憩場所まで細かく指示していない場合が多いため、実際は所々で休憩を入れながら走行するようにします。

休憩の目安としては大体1時間から2時間に一度は休憩するようにします。休憩場所もいろいろありますが、高速道路のサービスエリアやパーキング、一般道なら道の駅で休憩するとより楽しみも増えることになりますので是非利用するといいでしょう。
しかしこのように計画通りにいかないのが渋滞です。せっかくの楽しさも渋滞で疲れてしまいぐったりしてしまうこともあります。

またこれは運転手だけでなく、同乗者も景色はほとんど変わらず、動いてはとまったりの繰り返しでとても疲れてしまうのです。
このような場合も最近のナビには渋滞予測という機能があるのです。これはあらかじめ渋滞しそうな区間と時間帯を教えてくれるものです。
これを利用することであらかじめ渋滞する時間帯を避けて行くことができたり違うルートを選択することも可能となります。

コメントは受け付けていません。