橋や立体交差道路は渋滞しがちなわけ

ドライブを快適に楽しくするためには、渋滞には遭遇したくないものです。 旅行プランを立てる際には、道路状況も踏まえて計画的に立てていくことで、楽しい旅行にすることができるのです。そのためには、渋滞回避策を講じることが重要です。
何を利用するのかと言うと道路地図です。この道路地図は目的地までの行き先を調べる為だけでなく、ドライバーに様々な情報を教えてくれます。例えば、道路の勾配・目的地までの距離と所要時間・ビューポイントなどです。そして、この地図から車の流れが悪くなるポイントも読み取ることができます。

1.「高速道路の目的ICが主要観光地への最終ICならば、一つ手前で下りる」観光シーズンにもなると、料金を支払う車やIC付近の信号待ちの車などで、主要ICの下り口はごった返します。これを回避する為、一つ手前で下りる方が早く到着する場合があります。
2.{右折車線側にある高速道路のICの入り口」は、交差点の中でも特に車の流れが悪くなります。右折レーンが短ければ、車は本線にまで続いてしまいます。ですので、こういった箇所も事前にチェックしておきましょう。
3.「橋や立体交差道路」も車の流れが悪くなる箇所です。特に橋の手前で交差する道路は、合流で流れが悪くなります。また立体交差道路付近も、右折ラインへの交差点では流れが悪くなります。このような箇所があるか地図でチェックし、他の道路で上記に当てはまらない道に迂回するといった策を講じます。
このように道路地図を上手に使って、快適旅行を楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。