‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

ナビの渋滞予測を有効活用する方法について

2014/07/27

いろいろな場所へ自動車でドライブをするのはとても楽しいものです。
このような場合は安心安全に目的地まで行くために計画的に走行することが重要です。計画を作るには最近はナビがついているのでとても便利です。
ただこの場合は休憩場所まで細かく指示していない場合が多いため、実際は所々で休憩を入れながら走行するようにします。

休憩の目安としては大体1時間から2時間に一度は休憩するようにします。休憩場所もいろいろありますが、高速道路のサービスエリアやパーキング、一般道なら道の駅で休憩するとより楽しみも増えることになりますので是非利用するといいでしょう。
しかしこのように計画通りにいかないのが渋滞です。せっかくの楽しさも渋滞で疲れてしまいぐったりしてしまうこともあります。

またこれは運転手だけでなく、同乗者も景色はほとんど変わらず、動いてはとまったりの繰り返しでとても疲れてしまうのです。
このような場合も最近のナビには渋滞予測という機能があるのです。これはあらかじめ渋滞しそうな区間と時間帯を教えてくれるものです。
これを利用することであらかじめ渋滞する時間帯を避けて行くことができたり違うルートを選択することも可能となります。

橋や立体交差道路は渋滞しがちなわけ

2014/07/27

ドライブを快適に楽しくするためには、渋滞には遭遇したくないものです。 旅行プランを立てる際には、道路状況も踏まえて計画的に立てていくことで、楽しい旅行にすることができるのです。そのためには、渋滞回避策を講じることが重要です。
何を利用するのかと言うと道路地図です。この道路地図は目的地までの行き先を調べる為だけでなく、ドライバーに様々な情報を教えてくれます。例えば、道路の勾配・目的地までの距離と所要時間・ビューポイントなどです。そして、この地図から車の流れが悪くなるポイントも読み取ることができます。

1.「高速道路の目的ICが主要観光地への最終ICならば、一つ手前で下りる」観光シーズンにもなると、料金を支払う車やIC付近の信号待ちの車などで、主要ICの下り口はごった返します。これを回避する為、一つ手前で下りる方が早く到着する場合があります。
2.{右折車線側にある高速道路のICの入り口」は、交差点の中でも特に車の流れが悪くなります。右折レーンが短ければ、車は本線にまで続いてしまいます。ですので、こういった箇所も事前にチェックしておきましょう。
3.「橋や立体交差道路」も車の流れが悪くなる箇所です。特に橋の手前で交差する道路は、合流で流れが悪くなります。また立体交差道路付近も、右折ラインへの交差点では流れが悪くなります。このような箇所があるか地図でチェックし、他の道路で上記に当てはまらない道に迂回するといった策を講じます。
このように道路地図を上手に使って、快適旅行を楽しみましょう。

右折車線側にある高速道路ICの入り口は避ける

2014/07/27

田舎01高速道路での渋滞回避手段は様々なものがあります。その中でも、右車線側にある高速道路ICの入り口を避けることにより、渋滞を防ぎ、交通状況を改善することが出来ます。右折車線側は右折する車が多いため、右折レーンから車が多くなり、直進車にまで影響が及ぶことがあります。そのため、右折車線側の高速道路ICへ通じる交差点の渋滞発生率が比較的高く、渋滞に巻き込まれることが多くなります。

なので、別の車線側にあるICを使うことにより、渋滞発生率を下げ、未然に渋滞に巻き込まれることを防ぐことが出来ます。また、別の車線側を使うことにより、後続車が気になることによる気持ちの焦りを防ぐことも出来ます。

気持ちが焦ると最悪事故に繋がることがありますが、こういった可能性も防ぐことにも繋がります。
そのため、別の車線のICから入ることにより渋滞を避けるというものが、交通の改善と交通安全から見ても有効な手段の一つとなります。渋滞発生率が低い手段をとることにより、渋滞を回避し、ドライブが安全でスムーズなものになります。また、高速道路でこういった渋滞回避手段をとるドライバーが増えることにより、全体の交通状況の滞りを防ぐことにも繋がります。

高速道路終点の一つ手前で降りる

2014/07/27

行楽シーズンのドライブで必ず困るのが、渋滞です。自分が行きたいところは、みんなが行きたいところ、というわけで、出かけるたびに渋滞にまきこまれているという人も多いでしょう。そこで、おすすめなのが高速道路の終点のひとつ手前で降りる方法です。高速道路では、どうしても終点が混雑することが多くなります。そこで、一番混雑する最終区間をパスするために、一つ手前のインターチェンジで降りてしまえば、渋滞を回避することができます。夏休みなどのハイシーズンでは、この方法を使った方の半数以上が「時間の短縮になったと思う」と回答しているという調査結果もあります。

渋滞を回避するなら、3~4区間前に高速を下りてしまえばいい、と思う方がいるかもしれません。しかし、そういう方法は残念ながら逆効果になることのほうが多いです。というのも、3~4区間分をした道で迂回しようとすると、どうしても2時間程度はかかってしまいます。高速の上を2時間走っていれば、たとえ渋滞していても3~4区間分は進むのが普通です。ですので、下道で迂回するのは最も混雑している1区間のみ、というルールを徹底することをおすすめします。そして、高速の末端区間は特に混雑する区間なので、迂回するのであればこの区間がいちばんおすすめだというわけです。

渋滞回避策について考える

2014/07/27

地球08ドライブにおける渋滞回避策を考えてみましょう。
高速道路や幹線道路における自然渋滞は交通量の増加が原因で発生しますが、早朝・夕方・土休日等のほぼ決まった時間・場所(信号・トンネル・2車線から1車線への減少)で発生する事が知られていますので、その時間を避けて通行する事が一番重要ですが、仕事・帰省・観光等でどうしてもその時間に走行しなくてはならない時はしっかりとした事前準備をしてから走る事が大切で、幾つかの回避案があります。

①カーナビゲーションの渋滞情報を調べて裏道を探す。
②スマートフォンアプリの道路混雑情報が表示される地図を利用して、助手席の人間に混雑量の少ない道路を案内してもらう。
③渋滞前に位置しているコンビニエンスストアや飲食店等で抜け道を聞き出して渋滞を回避する。

この3点全てを駆使出来れば予定以上の通行時間をかける事はありませんので、渋滞が多い時間帯は常に渋滞回避の意識を持ちながら運転する事が必要となります。②のスマートフォンアプリは極めて高精度な渋滞情報を教えてくれますので、スマートフォンを購入して運転する際は愛用するようにしましょう。助手席の人が地図に詳しければ的確に案内してもらえるはずです。

オリジナル地図を作ろう!

2014/07/27

色々なところへドライブに行くようになると、ナビだけではわかりにくくなることがあります。自分なりのオリジナルの地図をつくっておくと、とても便利です。自分が行ったポイントや、抜け道ルート、時間や距離、渋滞ポイントなどを細かく書き込むことが出来るためです。

市販されているマップを購入して書き込んでもよいですし、インターネットでも数多くのマップが公開されていますので、そちらをプリントアウトして使うという方法もあります。手にいれたマップに、自分なりの知識を書き込んでいきます。また、行ったことのない場所へ行こうとしている場合も、その目的地、そこまで行くルートを幾つか書き込んだり、その間にある休憩ポイントなども書き込んでおくと、とても便利です。

また、目的地までの予想時間や、渋滞している可能性がある場所なども、書き込んでおくようにしましょう。これらの情報は観光の本などにも載っていますが、インターネットのホームページなどでも公開されています。各自治体の観光のホームページや地元の人のブログなどにも載っていることがありますので、参考にしてしっかりと下準備を行っていくようにしましょう。計画的に行うことで、快適に走ることが出来るはずです。

観光ポイントの優先順位をつけよう

2014/07/27

車を購入したら、ドライブに行きたくなります。とても楽しいものなので行きたくなって当然ですが、しっかり下準備をして計画的に行わないと道に迷ってしまったり、思ったより時間がかかってしまったりして、疲れてしまう原因になってしまうのです。

まずは、行きたい観光ポイントの優先順位をつけるようにしましょう。ここだけは行きたい、ここはそれ程行かなくてもいいなど、あるはずです。それらを一人であるのなら一人で決めて、家族で行くのなら家族で話し合って決めるようにします。その後、そのポイントまで行く時間と距離を見ます。インターネットなどで検索をすると、ルートと時間を教えてくれるホームページなどが色々とあります。それらを利用して、時間と距離をあらかじめ確認しておくようにしましょう。そうしておけば、まず1つめのポイントで観光を楽しんだ後の行動を決めやすくなります。時間と距離を考えて、次はどのポイントへ行った方がよいのかすぐに判断することが出来るので、時間を短縮することが出来るのです。

車で出かけていくことはとても楽しいです。しかし、楽しく車を走らせていくためにも、下準備と計画はしっかりと行っておくようにしましょう。

走行距離の目安について

2014/07/27

地球07車でいろいろなところへ行ったりドライブはとても楽しいものです。安全に目的地まで行くためにはやはり計画的に走行することが必要となります。
この計画を作るときに決して無理な計画を立てないことです。時間に余裕を見て、所々で休憩を入れながら

目的地までの時間をルートを確認できるように計画します。
この時休憩などはどれくらいの時間でとればいいか、基本的には1時間に1回程度休憩できるといいですが、それが無理な場合でも2時間に1回は休憩を取るようにします。
また走る道路によってもかわりますが、高速道路は運転が楽なので運転時j感は多少長くてもいいと考える方もいるかもしれませんが、その逆で短調になりやすいので要所で休憩を取るようにします。
一般道でも最近は道の駅やコンビニなどがあります、そのようなところで休憩するといいでしょう。
走行距離の目安としては、高速道路では100キロメートルから150キロメートルの走行を目安にそれよりも短くていいので休憩をとります。

一般道では40キロメートルから80キロメートル程度の距離で休憩するようにします。
またいずれの道路も渋滞などが考えられる場合は早めに休憩するか、渋滞の時間帯をさけるようにするといいでしょう。

ドライブは計画的に!

2014/07/27

地球05天気のいい週末などは遠出でなくても構わないからどこかへ出かけたくなる人が多いと思います。普段の仕事や家事の疲れも忘れてリフレッシュすることも時には大切なことです。近場へ出かけるだけでも気分転換になることも多いので、そんなにお金もかからないドライブをしたりするという人も多いのではないでしょうか。

特に買い物などをしなければ必要な費用は高速代やガソリン代ぐらいで安上がりなレジャーですし、運転が好きな人は車窓から変わりゆく風景を眺めたり、車に乗っているだけでも楽しめるものです。しかし、行先を決めずにダラダラ運転することはおすすめできません。

行先を決めておかないと急に進路変更をしたくなったりして、急ハンドルや急ブレーキなど、交通事故の危険を招きやすくなる恐れがあります。また、計画を立てておかないと道に迷ったり渋滞に巻き込まれてしまったりして想像以上にガソリンを消費してしまうこともあります。行き当たりばったりはトラブルの元ですし、目的地を決めて大体の所要時間などを把握しておいた方が出先でも観光スポットなどを回るのに計画が立てやすくなります。高速道路を利用する場合にはどこのサービスエリアで休憩を取るかなども考えておくようにしましょう。